先日、長年乗っていた愛車を売ることになりま

事故によって車を修復した際は、正式には事故車とは呼ばず修復

先日、長年乗っていた愛車を売ることになりました。

売りに行った際に中古車を取り扱っている業者から、その後の中古車をネットで販売する流れや売却の手続きに関する書類などの詳しい説明を受けました。

長年乗ってきた車なので、大事に扱ってくれる人に売れるといいなと思い、真剣に説明を聞きました。

当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売る方からみても自動車が高く売れる好機であるのです。自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。

俗に決算月と呼ばれる3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

さらに9月は、夏のボーナスの影響もあって車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。

自分の車を売却する場合にはいろんな書類を準備する必要があります。

中でも、自動車検査証、要は車検証は、とても大事な書類です。他には、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。印鑑証明書、譲渡証明書などといった書類を揃えておくことが必要になります。

そのほかに、実印も必要となるので、きちんと準備しておくことが大切です。近頃では、買取を申し込みたい場合には、やはり人気なのはWEB査定です。

一括査定なら自宅のパソコンやスマホ一つで複数社の買取額を比較することができます。

ですが、WEB上での査定は単なる目安ですので、実際の査定においてそこまで高い額が付かないと思っておいた方がいいでしょう。

それに、WEB査定の時点ではそこそこ良い金額を出しておきながら、出張査定ではそれよりずっと安い額を示して、売るまで帰らないという悪質な業者も存在しています。

事故車でも査定は受けられますが、査定にはかなりマイナスになるでしょう。しかし、事故にあったことを隠しても専門家である査定員には分かるので、イメージが悪くなります。

事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門の中古カーセンサー車査定業者に査定をお願いすると良いかもしれません。

こちらの方が高い額を提示されるはずです。車の「無料査定」を謳っている業者は多いですが、買取サービス全体が無料だと思っていただいて構いません。ただ、車両の名義を変更する必要がありますから、通常は売主ではなく買主側で手続きしますので、その代行手数料を払います。

なかには代行手数料無料という会社もありますが、有料の場合は買取価格から差し引く形が多いようです。そうでないときは、契約書を記入したときに別に支払うこともあるので、事前に確認すると良いでしょう。そのほか、細かいことですが、所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、その費用がだいたい600円前後かかります。

まれに戸籍の附表が必要なときは、別途取得費がかかります。雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという噂があります。

夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって外装の汚れや傷などが分かり難くなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。車査定では、タバコの臭いがするかどうかが査定額の決定打となります。タバコの臭い、煙やヤニなどはどうしようもなく車内に残ってしまうためです。タバコを吸わない人や、タバコの臭いに弱い人が増加しているのは確かです。

タバコの臭いが付いていない車を希望する人が増えており、タバコの臭いがすると査定は低くなると考えるのが妥当です。

高い金額で車を売るためには、買取先の選択が何にもまして重要になります。

ネットで一括査定が簡単にできるので、他よりも高い額で買い取ってくれる業者を選ぶといいかもしれません。

また、きちんと車内の掃除を済ませてから買取に出すこともプラス要件になります。

最低限度の掃除として、埃やごみなどは綺麗に掃除しておいた方がいいでしょう。なかなか自分ではわからない部分ですが、車内のニオイもきちんと対策しておきましょう。

以前、査定額を確認して気を落としました。

私の車はこれだけの価値しかないんだと考えました。

素人とは異なり、チェックがあちらこちらに添えられていました。

がっかりしたので、よその買取業者も査定を頼んでみたのですが、ほとんど同じ内容でした。